グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 全学 ニュース  > 京都市交通局と本学が連携協定を結びました

京都市交通局と本学が連携協定を結びました

「太秦萌」と「太秦その」をバックに握手する門川市長と内山学長です。

4月28日、京都学園大学は、京都市交通局と地域活性化と公共交通の利用促進に関する協定を結びました。
2015年4月の京都太秦キャンパス開設に向けて、キャンパス周辺のまちづくりや教育・研究活動など、様々な場面で相互に連携していきます。


京都市役所で開いた協定締結式には、内山隆夫学長、門川大作市長、西村隆交通局長らが出席。
内山学長は「協定を活用して地域との関わりの中で学生の個性を輝かせ、成長につなげたい」と語り、門川市長からは「健康、医療、環境などを実践的に学ぶ学生や研究者を支援していきたい」と抱負が述べられました。

今後の具体的な取り組みとしては、

・京都市の地下鉄5万人増客応援キャラクター「太秦萌」とコラボした京都学園大学のキャラクター「太秦その」を登場させ、大学のPR活動を展開
・京都太秦キャンパス内に「バスの駅」を設置し、最寄りのバス停名も「葛野大路御池」から「京都学園大学太秦キャンパス前」(仮称)に変更
・駅のにぎわい創出に向けて、公共交通の利用促進に関する研究を進め、学生ショップ「京學堂」の駅構内への出店も検討

などを計画しています。

今後の展開にご期待ください。

協定2

協定3

京都で学ぶ 地下鉄で通うっ キャンペーンポスター

京都で学ぶ 地下鉄で通うっ 公共交通利用促進キャンペーンポスター