日本語の過去、現代を通観する

丸田 博之 教授
丸田 博之教授
専門は国語学、日本語学。担当科目は「日本語学概論」「日本語表現法」など。最終学歴は京都大学大学院博士後期課程修了、博士(文学)。論文に「ロドリゲス編『日本大文典』に於ける日本人の関与について」。近頃は、現代の京都語研究にも力を注いでいる。
キリシタン資料以外の授業もやっています 私が研究の主眼としている対象は、一般に「キリシタン資料」と呼ばれています。キリシタンとは16世紀に来日し、キリスト教の布教や様々な社会活動を行った主としてイエズス会士ならびにその信者のことを指します。イエズス会士たちが日本をはじめ世界各地で布教活動を始めたのは、ヨーロッパで起こったプロテスタントの宗教改革に対抗し、カトリックの巻き返しをはかるのがその理由でした。したがって日本での彼らの第一目的も、日本人をカトリックに改宗させることにあり、そしてそれを成就するためには、何よりも日本の言葉を習得することが最重要課題とされたのです。布教のための具体的な宗教行為は「説教」と「聴罪」ですが、前者にはカトリックの権威を示すための典雅で上品な日本語が必要であり、後者には民衆の生の声を聞き取るための方言や俗語の知識が必要とされました。そのために彼らは、京都の公家の言葉に則った文法書を作成し、また方言や俗語までをも採集した大部の辞書を完成させたのです。
 こうしたキリシタン資料は、それまでの国内資料と異なり、ラテン文法や近代辞書の知識を有していたヨーロッパ人によって作られたため、より客観的で詳細な記述がなされていることが大きなメリットだと考えられてきました。もとよりそのこと自体、否定されるものではありませんが、ただ実際には公家をはじめとする多くの日本人のインテリ達が、これらの出版に大きく関わっていたことも忘れるべきではないでしょう。むしろキリシタン資料の価値は、その作り手如何にかかわらず、それが当時の「生きた話し言葉」で綴られていることにこそ見出されるべきではないかと思うのです。
 実は日本語は平安時代以降明治の中頃まで「言文乖離(かいり)」と言われる状態にありました。すなわち、「書き言葉」と「話し言葉」とが別の次元に存在していたのです。特に「書き言葉」には正書法が厳格に規定され、それは自ら学んで己の教養にしなければならないもので、現代のように自由に「話すように書く」ことは全く許されていませんでした。こうした「書き言葉」のことは文語とか雅語とか言われるのですが、これらは各時代によってそれほど大きな変化を受けていません。ですから、我々が過去の日本語を研究する場合、テープレコーダーが出来ていた時代は別として、その大半を書籍の記述に頼る以上、大きな日本語の変化を観察することは不可能だということになります。要するにキリシタン資料は、大げさに言えば、当時の禁を犯して、紙面に「話し言葉」を書き残した極めて希有な例だと言うことができるのです。しかもその「話し言葉」も、上品なものから野卑なものまで、豊富な種類を網羅しています。
辞書は日本語の宝庫です  以上、キリシタン資料の重要性について述べてきましたが、もうひとつだけそのメリットについてお話しします。それは、キリシタン資料の大半がアルファベットで記されているということです。ご存じのように、過去の日本語表記には、類聚名義抄など一部の例を除いては濁音表記がありませんでした。何年か前に、京都祇園祭の山鉾で、「長刀鉾」は「なぎなたほこ」なのか「なぎなたぼこ」なのかが議論されたことがありましたが、これも過去の文献の何れもが正確に濁点を付していないことから生じたもめ事でした。もし、キリシタン資料に祇園祭の山鉾に関する記事があれば、「ほこ」なら「foco」、「ぼこ」なら「boco」と一目瞭然だったわけです。
 最後に一言。プロフィールにもありますように、近年、私、京都語の研究に熱を出しています。考えてみれば、平安の昔から現代までの「言葉の変容」を観察できるのは、京都の言葉しかないのです。明治以降、京都語はキリシタンの時代ほど脚光を浴びなくなっているかもしれませんが、それはあくまでマスコミでのお話し。題名にも書きました「日本語の過去、現代を通観する」ためには、近代以降の京都語の研究が不可欠なのです。ご一緒にいかがですか。