なぜ糖尿病患者に心理的援助が必要なのか?

久保 克彦 教授
久保 克彦教授
専門は臨床心理学、医療心理学。担当科目は「臨床心理学」「医療心理学」など。同志社大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程修了。主な著書・論文は「実践 糖尿病の心理臨床(医歯薬出版)」、「糖尿病教育入院へのグループ療法導入の試み(心理臨床学研究)」。総合病院での心理臨床経験が長い。
講義中の著者 臨床心理士というとスクールカウンセラーを思い浮かべるかもしれませんが、医療の現場でもたくさんの臨床心理士が活躍しています。心のスペシャリストとして、様々な病気に苦しむ患者やその家族に心理的な援助を行っているのです。ここでは、私の研究領域のひとつである糖尿病患者への心理的援助について取り上げましょう。  糖尿病という病名を知らない人はいないでしょう。しかし、糖尿病がどのような病気で、どのような治療がなされているかを知っている人はほとんどいません。糖尿病患者から異口同音に聞かれるのは、「糖尿病がこんな厄介な病気とは知らなかった」という言葉です。糖尿病をもちながら生きていくことは決して容易なことではありません。なぜなら、糖尿病の治療は複雑多岐にわたっており、相当な困難さを伴っているからです。
 患者が最初に教えられることは、糖尿病は一度発症すると完治することはなく、うまく血糖コントロールすることが治療の目標となるということです。血糖コントロール不良(高血糖状態)のまま年月を経過すると、神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化性疾患など様々な合併症を発症してしまう危険性も教えられます。その上で、適切なカロリー摂取と生活習慣の改善とその継続の必要性を説明され、日々食事療法や運動療法に取り組むという積極的な努力を求められるのです。さらに、状態に応じて、服薬や血糖自己測定、インスリン自己注射などの手技の習得も必要になります。
病院勤務の頃  糖尿病治療とは、患者自身の自己管理(セルフケア)という主体的な取り組みであるわけです。これらの自己管理行動を実行するためには、患者はすでに習慣化した日常生活行動を大きく変化させなければならない上に、死を迎えるまでそれを継続しなければならないのですから、そこには大きな感情的負担が伴います。「食事療法を守らなければならないことはわかっているが、これが一生続くかと思うと憂うつになる(絶望感)」「好きなものが食べられないのは寂しい(喪失感)」「みんなと一緒に同じものを食べられない(孤独感)」「長い間頑張ってきたが、もう疲れ果ててしまった(燃えつき感)」「合併症の発症を指摘されるのが怖くて、病院に来るのを避けてきた(否認)」「食事も運動もできていないと主治医から頭ごなしに叱られ、通院を止めてしまった(不信感)」などの発言がその代表でしょう。そして、このような感情的負担を抱えてしまった患者は、自己管理の継続が難しくなってしまうのです。
 私が糖尿病患者に心理カウンセリングを行うようになったのは1990年代後半でした。臨床心理士との面接の中で、患者は糖尿病を受けとめきれずに悪戦苦闘している事実や治療にまつわる様々な不満を語り始めました。自分の感情や発言をありのままに受けとめてもらえ、共感してもらえるという体験は、患者が糖尿病を自分自身の病気として受け容れる援助となったのです。この体験の中で、患者は自らの問題行動を振り返るようになり、時間はかかりましたが生活習慣の改善に少しずつ取り組むようになっていきました。
糖尿病心理臨床関連の著書 しかしながら、糖尿病のために高血糖状態が続くと、確実に合併症を発症します。だからこそ医師や看護師は、「糖尿病患者には時間がない。患者が早く治療行動や行動変化を起こさなければ、合併症の発症は待ってくれない」と焦ります。従って、患者に一刻も早く糖尿病治療に取りかかる動機づけを起こさせることが糖尿病治療の現場の大きな課題でした。
 この課題が、エンパワーメント・アプローチ(患者が自分の力で糖尿病をコントロールできることに気づくよう援助すること)の理念を、糖尿病患者への心理的援助に積極的に取り入れることにつながりました。臨床心理士の役割は糖尿病患者の主体性を育てることであり、そのためには患者と一緒に治療を進めていくパートナーシップ関係を積極的に形成していくことが不可欠です。
 医療領域の心理臨床においては、患者心理の理解に加えて、患者の信頼を得られる関係性を築くことが大切なのです。その関係性の中でこそ、患者の成長する力や自己決定する力が引き出されるのであり、治療の継続も可能になるのです。