歴史民俗・日本語日本文化学科には、「講義」を中心とする科目(座学)と、少人数で古典や歴史の資料を一緒に読む「講読」、茶道や能楽など、教員の指導のもとで学生が自ら参加体験しながら技能を身につける「実習」、および京都や各地に出かけ、現地学習や昔話の聞き取り調査などを行う「フィールドワーク」などの科目があります。

歴史民俗学専攻

●妖怪文化論
●フィールドワーク京都
プレゼミ(フィールドワーク入門)
●日本文化史
●文化人類学

 

日本語日本文化専攻

●日本文学論
●日本文学購読
●京都語研究
●伝統文化実習(茶道)
●伝統文化実習(能楽)