町家キャンパスの可能性

京都学園大学と「明倫学区」 京商人のよりどころ「石門心学」がむすぶ縁

もともと、京都学園は京都市内で創建された学校である。京都商業高等学校(京商)は野球で有名だったが、京都の企業で働いている卒業生の層は厚い。大学創設の時に京都郊外の亀岡に校地を定めた。江戸時代、心学を創始した石田梅岩[注]の生家近くである。梅岩は、商人が商いで利潤を得ることは正当なことだと説いたので、士農工商の身分制度で低く扱われた商人も、初めて商いという仕事に誇りを持つことができるようになったのだ。本学は京商から発展し最初に経済学部ができたので、梅岩や心学には親しみ深いものがあった。文系4学部、理系1学部の中堅大学に成長した現在も、そのことを忘れてはいない。今回京町家キャンパスを、心学の塾・明倫舎ゆかりの明倫学区に置いたのも、その縁に引かれてといえるかもしれない。

1200年の古都、都心の落ち着いたたたずまい

学園創立者の辻本光楠は教育理念の柱に日本人らしさを身につけることをうたっている。日本人ならば、千年の都・京都に学びたいという人の気持ちは昔も今も同じである。とくに明倫学区は四条烏丸近くの会社や銀行が並んでいる一画で、古都の都心、大阪への窓口、大量のサラリーマンやOLが通勤してくる地域である。もちろん交通は至便、大丸デパートへは徒歩5分の距離。歓楽街からは少し距離があって町中にしては夜が静かだ。このあたりには松阪屋や新町三井を始め大企業のスタート地点が多いが、他都市へ発展しても創業の地を大切にする傾向は変わらない。

注]石田梅岩(いしだばいがん):
1685~1744年。江戸時代の思想家・倫理学者。石門心学の開祖。丹波国桑田郡東懸村(現・京都府亀岡市)出身。45歳で「石門心学」と呼ばれる思想を唱える。長年の商家勤めにより、「商業の本質は交換の仲介業であり、その重要性は他の職分に決して劣るものではない」と説いて商人たちの支持を集め、京都呉服商人・手島堵庵らの門下生を輩出した。

京町家キャンパス「新柳居」

京町家の代表格・小島邸 町衆の地・山鉾町で学ぶ 京都学・日本文化

キャンパスに店舗にあたる表屋部分を提供してくださっている小島邸は新町通りに面した町家で、間口は6間(約11メートル)あり、奥行きはなんとその約5倍の60メートルという壮大さである。今回京都市の支援もあって復元された小島邸から4軒北には、徳川家康と深いつながりのあった大商人・茶屋四郎次郎の屋敷跡がある。西へ200メートルも歩けば、織田信長が討たれた本能寺跡なのだから、歴史ファンにはしびれるような立地であろう。町家キャンパスの床下を掘れば、本能寺の焼け瓦やとびきり高価な茶碗が出てくるかも知れないのだ。この町内は南観音山という祇園祭の山鉾を所有する。授業では「フィールドワーク京都」「まちなかコミュニティ研究」など、体験型の科目がある一方、「日本の文化」「漢文入門」「京都の文学」といった町家の雰囲気に似合った科目も開講している。

 
やまざきふさこ
京町家キャンパス「新柳居」

京の暮らしとのふれあいを通じて

当初、参加した学生達にはとまどいがなかったわけではない。都会になれていないので道に迷う学生や、駐車が多いうえ車の速度が速いことにびっくりした学生もあった。ただ復元された町家建築の重厚さには皆感じるものがあったようだ。お座敷教室には白いソックスをはいて上がるというマナーには、驚きつつもすぐに順応した。今は、少しでも安価で量の多い昼食を見つけようと周辺を探索しているらしい。町家体験に触発された彼らの成長ぶりを楽しみに見守っていきたいと願っている。

歴史民俗・日本語日本文化学科がわかる