人間文化研究科――人間文化専攻 修士課程

人々の価値観が揺らぎ、理解しがたい犯罪や事件が頻繁に起こっています。人間関係を形成する社会システムも人間の心の中も、従来の基準では解決できない矛盾に満ちています。この時代に、人間の生き方、社会システムの在り方、文化の機能を多角的に解明する学問体系の構築が求められています。人間文化研究科は、歴史的・文化的な視点を踏まえて、現代社会が抱える諸問題の解決に寄与できる人材を育成します

コース設定 キーワードは「文化」「社会」「人間の心」

「文化研究」「社会情報」「心理学」の3つの教育研究領域を有機的に連関させ、高度な専門職業人の養成を目指します。日本・アジアの文化と歴史を中心に研究する「文化研究コース」、現代の社会問題や情報メディアを研究する「社会情報コース」、認知・学習・発達・社会など心理学の各分野を研究する「心理学コース」、臨床心理士の受験資格の取得を目指す「臨床心理学コース」の4つのコースを設定しています。

研究のための環境 多様な経歴を持つ研究者による複眼的なアプローチ

日本とアジアの文化と歴史、社会学、マスメディア論、心理学、臨床心理学など、多様な領域の研究者が一つの研究科を構成し、複眼的な研究ができる環境を作っています。経歴面では、アカデミックな経歴の長いものから、テレビ局・新聞社、また病院などでの勤務経験が長く現場を熟知した研究者までが揃い、多様な研究アプローチが用いられています。

目指す資格 高度な専門職業人をめざす

臨床心理学コースは、日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院です。また、すべてのコースで、中学校教諭専修免許状(社会)、高等学校教諭専修免許状(地理歴史)・高等学校教諭専修免許状(公民)が取得できます。